GitBashのインストール(Windowsの方のみ)

※Windowsの方のみ対象です。


Git Bashとは?

Git Bashは、コマンドでgitの操作を利用する際に使うターミナル(いわゆる黒い画面)のことです。
これを「Bash」と言います。

gitについては次の項目で解説しますが、
ターミナルでは、ファイルの作成や削除、コピーをしたりなど、普段みなさんがマウスを使ってやっている操作を、
コマンドから操作することができます。

今回の項目ではGit Bashのインストールから起動まで確認していきましょう。

インストールしよう

Macの方の場合、Bashの機能がターミナルといった名前などで標準的に搭載されています。

Windowsにも、コマンドプロンプトやPowerShellといったWindows独自のソフトウェアが搭載されていますが、
gitの操作というのができません。

Windowsでもgitの操作をするには、このGit Bashを入れることで扱えるようになります。

早速Git Bashをダウンロードしてみましょう。

https://git-for-windows.github.io/

公式サイトへアクセスし、Downloadボタンを押しダウンロードします。次のようなファイルがダウンロードされるため
ダブルクリックしてインストールを開始します。

起動すると次のようなウインドウが表示されます。

基本的には、全てNextを押して進めて問題ございませんので、インストールを進めましょう。

GitBashを起動しよう

無事インストールされたら起動してみましょう。
どこにファイルが保存されているかわからない場合、Cortanaの検索窓にgit bashと入力して検索すると出てきます。

起動すると次のような画面が現れます。

インストールは以上になります!

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami