Hello Worldを出してみる(Macの方)

■はじめてのJavaのプログラム


はじめに


この章では、なんとなーく、うっすらーと、「あぁjavaってこんな感じなんだ」と
感じてもらえれば十分です。触れ合ってみてください。
とりあえず触れ合ってから考えましょう。

Step1: 簡単なJavaのプログラムを見てみよう


public class Example {

  public static void main(String[] args) {
    System.out.println("Hello World");
  }
}

Javaのプログラムの簡単な解説

まず初めに、必ず「public class クラス名」と記述し、中括弧({ }の記号)で囲みます。
Javaのプログラムでは、このように中括弧で囲まれたプログラムコードのまとまりを ブロック と呼びます。

これで クラス を定義したことになります。
はい 。 3年B組 です。クラス= 3年B組 なのです。
あとはこの3年B組に、好きな俳優・女優・お笑い芸人などクラスメイトを集めれば、プログラミングの完成です。
クラスメイト=プログラミング処理ですね。

クラスを定義して、その中に処理を組み込むのです。その積み重ねで、アプリやゲームは動いています。

public class Example { 

  public static void main(String[] args) {
    System.out.println("Hello World");
  } 
}

 

次に、Exampleクラスのブロックの中に、更に main のブロックがあります。 これを mainメソッド と呼びます。
Javaでは、プログラムを実行すると、mainメソッドの処理から開始されます。
このmainメソッドは、 public static void main(String[] args) という形式で記述する決まりになっています。
深いことは考えずに、頭のいい人がそうしようと決めたことなんだと思って、
なんで?と考えるのは今はやめておきましょう。 (mainメソッドは、後ほど詳しく説明します。)

System.out.println()

mainメソッド内に一行だけ、 System.out.println() というコードが記述されています。
Exampleクラス処理 は、 System.out.println() を実行する。と読むことができます。
ちなみに System.out.println() のことをprintlnメソッドと言います。

System.out.println() の()の秘密

丸括弧 ( ) 内に指定される 引数(ひきすう) の文字のデータを画面に表示して改行を行います。
上記のプログラムでは、printlnメソッドの引数に、ダブルコーテーションで囲んだ Hello World を指定しています。

//このコードの指示は、Hello Worldを表示します。
 System.out.println("Hello World");

 

  の秘密

printlnメソッドの引数の丸括弧を閉じたあとに、セミコロン ; が付いています。
Javaにおいては、処理の末尾に「 ; 」 を付与することがルールとして定められており、日本語で言うところの「。(句点)」に相当します。

後述するコンパイルエラーの原因の一つとなりますので、意識して付けるようにしましょう!
(※Java以外では、セミコロンが不要な言語も存在します。)

ソースファイル

上記のプログラム全体を ソースファイル 又は、ただ単に ソース と呼びます。
このソースファイルにはファイル名が必要ですが、
Javaのソースファイルは、 クラス名ファイル名 を同名にし、拡張子を .java とします。
なのでファイル名は、 クラス名.java になります。

Step2: Javaのコンパイルとプログラムの実行


コンパイル

ソースファイルが作成できたら、次に コンパイル します。
コンパイルとは、人間が理解できる「ソースファイル」を、コンピュータが理解できる「機械語」などに翻訳する処理のことです。

コンパイルエラー

コンパイル時にソースファイルが正しく記述されていないと「コンパイルエラー」になります。
その場合は、ソースファイルに誤りがないかどうか確認し、修正してコンパイルをし直します。
例として、メモ帳などのテキストエディタで、前述の はじめてのJavaのプログラム を下記のように作成してみます。

例として、VSCodeで、前述の はじめてのJavaのプログラム を下記のように作成してみます。

右下の「Plain Text」と表示されている部分を「Java」に変更して保存します。

今回ファイルの保存場所はわかりやすいようにデスクトップ上に JavaStudyというフォルダを作成し
その中に保存していますが、好きなところに置いてもらって構いません。
クラス名とファイル名を合わせる必要があるため、 Example.java という名前をつけてください。

その後、ターミナルからコンパイルのコマンド(javac)でコンパイルし、 実行のコマンド(java)でプログラムを実行します。
コンパイルのコマンドを下記に示します。

※ターミナルは「アプリケーション/ユーティリティ」の中から開いてください。

コンパイル用コマンド
javac クラス名.java 

実行用コマンド 
java クラス名

 

それでは実際にコンパイルと実行をしてみましょう。

ターミナルを開いた段階だと ホームディレクトリ という階層にいます。
ただ、 java のファイルをコンパイル、実行するためにはそのファイルが存在する階層に移動する必要があります。

cd というコマンドを打ったあと半角スペースを入れ、javaファイルが入っているフォルダをターミナル上に
ドラッグアンドドロップさせます。

画像のように表示されたらエンターを押してください。
フォルダの移動が完了しました。

lsというコマンドを入力してみましょう。その中に入っているファイルが表示されます。

それではまずコンパイルを行います。javac Example.javaと入力し、エンターを押してください。
新しい行が表示されたらlsコマンドを入力し、エンターを押してみてください。
Example.class というファイルが作成されていたらコンパイルは完了です。

それではjavaファイルを実行してみましょう。java Exampleと入力して、エンターを押しましょう。
Hello World と表示されたら完了です。

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami