Eclipseの初期設定

■Eclipseのインストール


はじめに


Eclipseは、Javaの統合開発環境(IDE)です。
エディタコンパイル機能デバッグ機能 などが揃っていてJavaのプログラム開発にとって、便利な開発環境です。
今まで、VSCodeを活用してきましたが、これからはEclipseを使用します。
javaプログラマーにとっては、命の次に大切なツールとなることでしょう。

Step1: Eclipseをダウンロードしよう


下記URLより、ダウンロードしてください。
(今後は年に4回のペースでEclipseのバージョン更新がかかり、更新年月がバージョン名となります

Eclipseのダウンロード

【2019/03/28 現在】

  1. お持ちのPCのOSに合わせて、ダウンロードしてください。
    ※JavaのFullEditionをダウンロードします。

FullEditionをダウンロードすることで、Java 11 が利用可能となりました。
(カリキュラムはJava 8ベースでの開発となりますが、追々Java 11についても触れていきます。

Step2: 空白を表示させるように設定


プログラミングでは、コードの中に余計な空白があるとエラーになってしまいます。
そのため、空白を色付きで表示させるように設定をしましょう。

(1)

Windowsの場合
[ワークベンチ]画面から[ウィンドウ(W)]->[設定(P)…]メニューを選択すると、[設定]ダイアログが表示されます。

Macの場合
[メニュー]の[Eclipse]->[環境設定]を選択すると、[設定]ダイアログが表示されます。

(2)  [設定]ダイアログで、[一般]->[エディター]->[テキスト・エディタ]とツリーを選択し、ページ内にある[空白を表示]チェックボックスにチェックを入れます。

Windowsの場合は Step3 へ、Macの場合は Step4 へ進みましょう!

Step3: インデント設定(Windowsの場合)


プログラムを読みやすくさせるために、インデントは非常に重要です。
下記を参考に設定してください。

(1)  [ワークベンチ]画面から[ウィンドウ(W)]->[設定(P)…]メニューを選択すると、[設定]ダイアログが表示されます。

(2)  [設定]ダイアログで、[Java]->[コードスタイル]->[フォーマッター]とツリーを選択し、ページ内にある[新規]ボタンをクリックします。

(3) [新規プロファイル]ウィンドウが開くので、プロファイル名に「Java Format」(任意)と入力して、
[次のプロファイルで設定を初期化]セレクトボックスは「Eclipse [ビルトイン]」を選択して「OK」をクリックしてください。

(4) [プロファイル]ウィンドウが新しく開きます。

  1. [一般設定]の[タブ・インデントサイズ] に「4」を入力します。
    (※タブキーを押した時に4つの空白が挿入されます。
  2. [インデント] の以下のチェック項目にチェックを入れます。
  • クラス本文内の宣言
  • 列挙宣言内の宣言
  • 列挙定数内の宣言
  • 注釈宣言内の宣言
  • メソッド/コンストラクターお本文内のステートメント
  • ブロック内のステートメント
  • ‘switch’本文内のステートメント
  • ‘case’本文内のステートメント
  • ‘break’ステートメント

最後に「OK」ボタン押下してください。

(5) [アクティブなプロファイル]に(3)で登録したプロファイル名が選択されていることを確認して「適用して閉じる」をクリックしてください。

Step5 へ進みましょう!

Step4: インデント設定(Macの場合)


プログラムを読みやすくさせるために、インデントは非常に重要です。
下記を参考に設定してください。

(1)  [Eclipse]->[環境設定]メニューを選択すると、[設定]ダイアログが表示されます。

(2)  [設定]ダイアログで、[Java]->[コードスタイル]->[フォーマッター]とツリーを選択し、ページ内にある[新規]ボタンをクリックします。

(3) [新規プロファイル]ウィンドウが開くので、プロファイル名に「Java Format」(任意)と入力して、
[次のプロファイルで設定を初期化]セレクトボックスは「Eclipse [ビルトイン]」を選択して「OK」をクリックしてください。

(4) [プロファイル]ウィンドウが新しく開きます。
[タブ・ポリシー]は「スペースのみ」を選択します。
[タブ・インデントサイズ]に「4」を入力します。
(※タブを押した時に4つの空白が挿入されます。

  1. [一般設定]の[タブ・インデントサイズ] に「4」を入力します。
    (※タブキーを押した時に4つの空白が挿入されます。
  2. [インデント] の以下のチェック項目にチェックを入れます。
  • クラス本文内の宣言
  • 列挙宣言内の宣言
  • 列挙定数内の宣言
  • 注釈宣言内の宣言
  • メソッド/コンストラクターお本文内のステートメント
  • ブロック内のステートメント
  • ‘switch’本文内のステートメント
  • ‘case’本文内のステートメント
  • ‘break’ステートメント

最後に「OK」ボタン押下してください。

(5) [アクティブなプロファイル]に(3)で登録したプロファイル名が選択されていることを確認して「適用して閉じる」をクリックしてください。

Step6 へ進みましょう!

Step5: フォントスタイルの設定(Windowsの場合)


フォントの色や、背景を自分好みに変更することができます。
コーディングに慣れてきたら、仕事がやりやすいようにカスタマイズするのもおすすめです。

(1)  [ワークベンチ]画面から[ウィンドウ(W)]->[設定(P)…]メニューを選択すると、[設定]ダイアログが表示されます。

(2)  [設定]ダイアログで、[一般]->[外観]->[色とフォント]とツリーを選択し、ページ内にある[Java]のファイルアイコンをクリックして
ツリー表示させます。
次に、ツリーにある[Java エディター・テキスト・フォント]を選択して[編集]ボタンをクリックします。

(3) フォント設定のウィンドウが開いたら、[コレクション]で[すべとのフォント]を選択し、
好みのファミリー、フォント、サイズを選択してください。
(※ご自身が開発をしやすい環境のための設定ですので、必須ではありません

(4) OKボタンを押下し閉じてください。

(5) 「適用して閉じる」ボタンを押して完了です。

Step6: フォントスタイルの設定(Macの場合)


フォントの色や、背景を自分好みに変更することができます。
コーディングに慣れてきたら、仕事がやりやすいようにカスタマイズするのもおすすめです。

(1)  [Eclipse]->[環境設定]メニューを選択すると、[設定]ダイアログが表示されます。

(2)  [設定]ダイアログで、[一般]->[外観]->[色とフォント]とツリーを選択し、ページ内にある[Java]のファイルアイコンをクリックして
ツリー表示させます。
次に、ツリーにある[Java エディター・テキスト・フォント]を選択して[編集]ボタンをクリックします。

(3) フォント設定のウィンドウが開いたら、[コレクション]で[すべとのフォント]を選択し、
好みのファミリー、フォント、サイズを選択してください。
(※ご自身が開発をしやすい環境のための設定ですので、必須ではありません

(4) OKボタン等はないので、「×」ボタンで閉じてください。
(5) 「適用して閉じる」ボタンを押して完了です。

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami