PostgreSQLとpgAdmin4の導入

■PostgreSQLとpgAdmin4の導入


Step1: PostgreSQLとpgAdmin4をインストール


下記のサイトから PostgreSQLpgadmin4 をダウンロードします。
https://www.enterprisedb.com/downloads/postgres-postgresql-downloads#windows

ダウンロードが終了したらインストーラーを起動させます。
(Windowsの方は .exe ファイルより起動します。

nextをクリックして続けていきましょう。

nextをクリック

nextをクリック

PostgreSQLのスーパーユーザーのパスワードを設定します。
※任意のパスワードでも構いませんが忘れやすいためカリキュラムでは postgresと設定します。

nextをクリックして進めます。
( ※Port番号はそのままで問題ありません

Localeを”Japanese,Japan”に設定します。(ない場合は「ja_JP.eucJP」)

nextをクリックして、インストールが完了したら”stack builder…”と書いてあるチェックボックスのチェックを外し、
finishをクリックしてインストールは終了です。

step2: データベースの作成


1.サーバーへ接続

インストールしたpgAdmin4を起動させます。
※見つからない場合は「C:\Program Files\PostgreSQL\11\bin」の配下にある pgAdmin4 をクリックして起動させましょう。

Windowsの方は「C:\Program Files\PostgreSQL\11\pgAdmin 4\bin\」配下にある pgAdmin4.exe となります。

補足: Macをご利用の研修生へ

・OSバージョンによる問題
Macの方で、macOSのバージョンが 10.12未満(Yosemite) の場合、
pgAdmin4を起動したのにもかかわらず、Dockにアイコンが表示されない、または、表示されるがすぐに消えてしまうといった場合があります。
その場合はMac OSを最新にアップデートした上で再度インストールを実施してください。

また、アプリケーションを起動したのにもかかわらず、ブラウザのタブにpgAdminが表示されない場合があります。
そういった場合は、 Macスクリーン上部にあるメニューより「pgAdminのアイコン」(象のアイコン)があることを確認 してください。

アイコンがある場合は、問題なく起動準備が整っていますので、
以下の画像の黄枠より起動を試みてください。
(※上記に該当しない場合で、pgAdminが起動しない場合は上長へご相談ください。

  1. 左の欄の「PostgreSQL 11」上で右クリックし、「接続」を選択します。
    パスワードの入力を求められるので「postgres」と入力しましょう。

2.日本語の設定

  1. Fileをクリックして、 Preferences を開きましょう

2. User LanguageJapanese に設定して OK をクリック。
最後に、pgAdmin4を 再起動してください。

3.データベースの作成

  1. pgAdmin4の画面の左の欄の データベース の上で右クリックし、 データベース を選択します。

2. 名前 にはデータベース名を記入します。今回は lesson_db とします。
所有者には postgres を選択します。OKをクリックすればデータベースの作成は完了です。

これでSQLを始める準備は一旦完了です!

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami