INSERT文

INSERT文


はじめに


INSERT文は、SQLのなかでもデータ操作言語と呼ばれ、データベース内にデータを新規登録する命令です。
INSERT文を使用することによって、テーブルにデータを持たせることができるようになります。

Step1: 概念を知る


INSERT文
テーブルにデータを挿入する際に用います。
INSERT INTO "テーブル名" 
(列名1, 列名2,  ・・・ )
VALUES
(値1, 値2,  ・・・ )

Step2: 使い方を知る


では、さっそくテーブルにデータを挿入してみましょう。


解説

  1. INSERT INTO を宣言し、テーブル名 person をつけます。
  2. カラム名を () 内に列挙します。
  3. カラム名に対応する値を順に、テーブル定義に合わせて () 内に列挙します。

実行して構文にエラーがなければテーブルにデータが挿入されます。
これで、データを体系的に扱うことができるようになります。
おまけ
実際にデータがテーブルに挿入されたかどうかは、 SELECT文 を使って確認することができます。


こういう場合はエラー

1: NOT NULLの列に値を挿入しなかった場合
NOT NULL が指定されている列は空欄にできませんので、値の挿入が必須になります。
2: 列数と挿入する値の数が一致していない場合
列数が5あるのに、値が4しかないとクエリを実行できません。
ただし、列に NOT NULL を指定していなければ空白にすることもできます。
その際は NULL が登録されます。
3: 列に指定している型と、挿入する値の型が一致していない場合
INT型 の列に文字列を挿入、VARCHAR型の列に挿入する文字列に '' をつけないなど、
型と挿入する値が一致していないとクエリの実行ができません。

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami