UPDATE文

UPDATE文


はじめに

UPDATE文は、SQLのなかでもデータ操作言語と呼ばれ、データベース内のデータを変更、更新する命令です。
UPDATE文を使用することによって、すでに登録したデータの変更を行うことができます。

Step1: 概念を知る


UPDATE文
テーブル内のデータを変更する際に用います。
UPDATE "テーブル名"
SET "列名" = 値

Step2: 使い方を知る


では、さっそくテーブル内のデータを変更してみましょう。


解説

  1. UPDATE を宣言し、テーブル名 person をつけます。
  2. UPDATE文は SET の宣言も必要ですのでセットで覚えましょう。
  3. 変更したい値が属する、カラム名、値を列挙します。
  4. 変更したい行が決まっている場合は WHERE句 で指定します。

実行して構文にエラーがなければテーブル内のデータが変更されます。
これで、データに変更があってもテーブルを新しくすることができます。

さて、解説の4番目が太字になっていますが、ここが大事です!
UPDATE文は、WHERE句 を指定しなかった場合、
テーブル内にある行すべてに対して変更命令を出します。
つまりこういうことです。

すべてのデータが同一に変更されました。
元々すべてのデータを同一に変更したい場合はこれでいいですが、
ケースとしては少ないと思いますので、
WHERE句 を指定するクセをつけましょう。

本番データ(お客さんが実際に使用するデータ)を稼働中に誤って全更新。
なんてあってはいけませんので!

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami