サーブレットのプログラムを動作させるための準備

サーブレットのプログラムを動作させるための準備


Step:1 動的Webプロジェクトの作成


eclipseを使いプロジェクト作成する際に 動的Webプロジェクトで作成します。


プロジェクト名と ターゲット・ランタイムを設定します。
ここで指定したプロジェクト名がコンテナの名前になり、
プロジェクトのロケーションで指定したフォルダがコンテナの実行ディレクトリになります。


ソースコードが配置されるフォルダの名前および場所は基本的にそのままとします。


・コンテンツ・ルート
プロジェクトをサーバー上で動作させる際の名前になり、ブラウザからURLを入力する際、そのプロジェクトを指す為に使用されます。
デフォルトではプロジェクト名と同じです。
いわゆる、URLという外部から参照されやすい部分になるため、
TestやSampleのような単純なものではなく、そのサービスに沿った意味のある名称などに設定されることが多いです。
・コンテンツ・ディレクトリー
Webアプリケーションのファイル(htmlや画像コンテンツ、各種設定が詰まったxmlファイルなど)を配置するフォルダの名前です。
このフォルダに入っていないファイルは外部から参照できません。
動的Webプロジェクトの場合、デフォルトはプロジェクトフォルダ直下の「WebContent」フォルダとなっています。
・web.xmlデプロイメント記述子の生成
チェックを入れると、プロジェクト内の必要な場所に、後述するweb.xmlファイルが自動的に作成されます。
(※チェックしないと作成されませんので、自身で適切な箇所に作成する必要があります。

Step:2 新規サーバーの作成


次にWebアプリケーションを動作させるための環境を構築していきます。

ウィンドウ→ ビューの表示→ その他を選択します。


サーバーフォルダから サーバーを選択します。


サーバービューが開かれたら、
使用可能なサーバーがありません。このリンクをクリックして新規サーバーを作成してください。を選択します。


Apacheフォルダから新規動的Webプロジェクト作成時に選択した
ターゲット・ランタイムと同じバージョンのサーバー(ここでは Tomcat v8.0 サーバー)を選択します。
(プロジェクト作成時に設定した内容に沿って、適切なサーバーを選択しましょう!


使用可能から作成したプロジェクトと同名のリソースを選択し、 追加ボタンを選択します。
構成済みにリソースが移動したことを確認します。

Step:3 サーバーの開始・停止


作成したサーバーを右クリックし、 開始を選択するか、 サーバービューの開始ボタンを選択します。
セキュリティの重要な警告が表示された場合、
プライベートネットワーク(ホームネットワークや社内ネットワークなど)を選択します。


サーバーの状態が 始動済み となればサーバーが起動していることになります。
サーバーを停止する場合は赤色の四角を選択してください。


注意点
サーバーが既に 始動済み の状態で、始動中のサーバを再度開始しようとした場合に、
エラーダイアログが表示される場合があります。
(※再起動する旨の確認ダイアログが出た場合は、再起動でOKです!

上記のようなエラーダイアログが表示された場合は、一度始動中のサーバーを停止し、再度開始し直してみましょう。

それでも同じエラーが表示されてしまう場合 は、
他のアプリケーションやPCのシステムで使用しているポート番号と、
開始しようとしたサーバーのポート番号が被ってしまっている可能性があるため、裏で動作しているJavaのプロセスIDを切る(killする)必要があります。

・PID(Process ID)
プログラムを管理する番号で、プログラムが異なれば重複したIDを持つこともあります。

サーバーが始動している状態で以下のコマンドを実行してみましょう。

  • Windows: コマンドプロンプト
  • Mac: ターミナル

各々環境に合わせて実行してください。

【手順1: PID(Process ID)を探す】

// pgrep + 「-l(エル)」 + プログラム
pgrep -l java

-l は指定したプログラムの名称に沿うものをPIDと一緒に表示してくれるオプションコマンドです。
(※ -l を付与しない場合、 他のプログラムで使用中のPIDと区別がつかない ため、基本的には付与したほうがよいです。

【出力結果】

1168 java

このようなIDが表示されるかと思います。

【手順2: PID(Process ID)をkillする】

ちょっと物騒ですが、正式な言い方になります。

// pkill + PID + プログラム
pkill 1168 java

pkill を実行後、再度 pgrep -l java を実行して何も表示されない場合は、
kill が成功したことになります。

あまり頻繁に発生するようなら、一度プロジェクト自体から、
設定済みのサーバーを削除して作り直すなどしたほうがいいでしょう。

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami