カリキュラムの課題提出方法

課題の提出方法


カリキュラムの課題はGitHubを利用して提出していただきます。

提出までの流れ
1.課題の実施
2.ローカルリポジトリへコミット
3.リモートリポジトリへプッシュ
4.課題提出画面にてリポジトリURLを共有して評価をお願いする

提出してみよう


今回、このページでは「Hello.txt」ファイルを作成して実際に提出してみましょう。

まず、Gitのインストールと使い方で作成したリポジトリのPathを確認します。

GitHub Desktopの「Current repository」でリポジトリにカーソルを合わせるとPathが確認できます。

この画像にある3段目がPathになりますので、この場合だとC:\LetsEngineer\curriculum_jsに作業ファイルを置く形になります。
※ Pathはそれぞれ違う場合もあるので、自分の環境に合わせて作業ファイルを置いてください。

試しに、Pathに書かれたフォルダに「Hello.txt」を作成して、中身には「Hello World」を記載してください。

ファイルが作成できましたら、GitHub Desktopに戻ります。

Pathにあるフォルダとローカルリポジトリの変更履歴に差異がある場合には、GitHub Desktopに表示されるようになります。

では、Hello.txtをローカルリポジトリにコミットしてみましょう。

Hello.txtと表示されている左のチェックボックスにチェックが入っていることを確認してください。

複数の変更があり、ここに複数のファイルがある場合、コミットしたいファイルをこのチェックボックスで選ぶことができます。

次に、右下でコミットメッセージの編集を行います。
今回は下のように入力してください。

入力できましたら、「Commit to JavaScript」をクリックしてください。

「Committed jast now」と表示が出たらコミット完了です。
横にある「Undo」ボタンは取り消しボタンになりますので、間違えた場合に使用してください。

これでローカルリポジトリに新しい変更履歴をコミットできましたので、「History」をクリックして履歴を確認してみましょう。

「History」ではコミットごとに変更履歴を確認することができます。

これで、ローカルリポジトリに保存ができましたので、次はリモートリポジトリへプッシュします。
画像の右側にあるボタンが「Push origin」に変わっていますので、これをクリックしてください。

ボタンが「Fetch origin」に切り替わったら、プッシュ完了です。

プッシュが終わったら、GitHubにアクセスしてしっかり、リモートに反映できたか確認してみましょう。
ツールバーの「Repository」から「View on GitHub」をクリックします

BranchからJavaScriptを選択します。そして、「commits」をクリックしましょう。

すると、先ほどコミットした内容が表示されていますので、しっかりプッシュできたことが確認できます。

最後に、課題提出ページにて課題を提出しましょう。
課題を作成した項目の「未学習」ボタンをクリックしてください。

課題提出ページに遷移しますので、そこでメッセージを送ります。

本文に、リモートリポジトリのURLを必ず貼り付けてください。

このURLの確認方法については、GitHub Desktopのツールバー「Repository」の「Repository settings…」から確認できます。

これを、コピーして貼り付けてください。

入力が終わりましたら、投稿して課題の提出が完了になります。

今後の課題でも同様に実施してください!

ちなみに、メンターの方からメッセージがある場合には、項目のステータスに通知がでます。
通知がある場合には、確認してください。

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami