thisの扱い方

thisの扱い方


jQueryのコードを書く時によく$(‘this’)って出てくるんですよ。
これってなんなのかと言うとイベント(クリックとか色々)が発生した要素のことですね!
例えばこんな状況でクリックしてメソッドを使いたい時を想像してください。

クリックした要素に直接メソッドを発動させると全てのlistタグにかかって
しまうのはこの図から理解できるでしょうか。
またlistタグ一つ一つにclassをかけて識別しても良いのですが、少し面倒なやり方になります。

ここで登場するのがthisです!!
こいつはイベントが発生した(クリックされた)要素だけにメソッドを発動させています。
動きはこちらをご参照ください。

よって、全てにclass識別する必要がないんですね。
こんな便利な機能がthisの正体でした。

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami