foreach

この研修では、htdocs/LetsEngineer/curriculum/2-8フォルダを作成し、その中に課題を作成してください。

配列の中の要素を全て出力する


配列、連想配列でもやりましたが、例えば下記のような配列を全て出力するのに、いちいちechoを書いていたら面倒ですよね?
今回の例では3つしか要素がありませんが、配列はいくつでも入れることができるので、仮に100個あったらそれこそやる気をなくします。

<?php
$fruits = ["りんご", "みかん", "もも"];

echo $fruits[0];
echo $fruits[1];
echo $fruits[2];

ここでforeachの出番です。
foreachは与えられた要素全てに対して、処理を行うことができます。

<?php
$fruits = ["りんご", "みかん", "もも"];

foreach ($fruits as $value) {
    echo $value;
}

実際に実行してみてどうでしょう?
同じ出力結果になったと思います。

この書き方で、仮に要素が100個あったとしても対応できます。

それでは、foreach構文を見ていきましょう。
foreachはループ文の一種です。

foreach (配列変数 as 変数) {
    実行する処理;
}




上記をまとめると、

  1. $fruitsの配列を持ってきて、そこから1個取り出して$valueに入れる。
  2. $valueに関して、処理を実行する。
  3. 処理が終わったら、次の1個を持ってきて、また$valueに入れる。
  4. 1〜3を配列の全ての要素に対してループさせる。

連想配列の場合


連想配列には、キーと値といった関係があります。
下記の連想配列であれば、キーがapple、値がりんごになります。
(「みかん」と「もも」についても同様の関係性です。)

$fruits = ["apple" =>"りんご", "orange" => "みかん", "peach" => "もも"];

値だけ取り出したいのであれば、先ほどの配列と同様にできますが、
キーも取り出したいとなると、少し追記する必要があります。

foreach (配列変数 as キー => 値) {
    実行する処理;
}


課題


先ほどの果物の連想配列をforeachで下記のように出力するプログラムを組んでください。

IT用語 SESに向けて準備しよう


3章では一つ一つの項目で数個のIT用語について調べていただきます。
どの用語もSESでよく耳にする言葉なのできちんと調べていきましょう!

下記の用語について、調べてみましょう。
※IT用語についてはチェックテストの範囲外です。

1. トランザクション
2. 排他ロック
3. チューニング

用語の意味を調べて同じく2-8フォルダ内に記載してください。
Hello Worldでやった時のように用語については記載するようにしてください。


カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami