定数

定数とは


前項の変数とデータ型では、 変数 について見てきました。
変数とは異なり、プログラムには 定数 と呼ばれる考えが存在します。
どちらもデータにつけるラベルで、 変数は変更や演算が可能ですが定数はプログラム上で変更しないもの を扱います。
プログラム上で変更しないもの、といって今はパッと思いつかないと思います。
代表的な例をあげるとすれば、データベースの名前や管理者のメールアドレスなどになります。

定数を試してみる


まず定数として定義させたいデータの定数名を第1引数に書いていきます。
今回は管理者のメールアドレスを定数としてみましょう。
ちなみに、adminADMIN とはadminister(管理者)の略です。
プログラミングの世界では一般的に「管理」という意味で共通認識となっています。

さて、それでは定数を宣言しましょう。
定数の宣言にはdefineメソッドを使用します。
括弧内に2つの文字列を記述します。
括弧内の1つ目の要素を第1引数(ひきすう)、2つ目の要素を第2引数と呼びます。

// index.php
define("ADMIN_EMAIL", "y-i-group@gmail.com");

第1引数には定数名、第2引数には定数に入れるメールアドレスを指定します。
つまり、y-i-group@gmail.comADMIN_EMAILという箱にしまったことになります。
定数名は変数ほどのルールはありませんが、大文字にするのが一般的です。

別に文字列以外を定数の中に入れることも可能です。
例えば「define("LIST_COUNT", 15);」と書いておくと便利かもしれません。

// index.php
define("LIST_COUNT", 15);

使うときにはそのまま「echo ADMIN_EMAIL;」と書けば表示してくれます。
実際にWebに表示させてみましょう。
もう表示のさせ方は大丈夫ですよね?

こういったプログラム中で使う定数は最初に定義しておけば、変更があっても一箇所だけを変えればOKなので便利です。
今は特に実感がないかと思いますが、PHP中級で行うDBとの接続で役に立ちます。

<?php
// index.php
// 変数:データにつけるラベル(変更可能)
// 定数:変更不可

define("ADMIN_EMAIL", "y-i-group@gmail.com");
define("LIST_COUNT", 15);

echo ADMIN_EMAIL;
echo '<br>';
echo LIST_COUNT;

IT用語 SESに向けて準備しよう


2章では一つ一つの項目で数個のIT用語について調べていただきます。
どの用語もSESでよく耳にする言葉なのできちんと調べていきましょう!

下記の用語について、調べてみましょう。
※IT用語についてはチェックテストの範囲外です。

1. デプロイ
2. バリデーション
3. アジャイル・ウォーターフォール(開発手法)

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami