演算子

代入演算子


今までも出てきましたが、 代入演算子 というカテゴリです。
これは「=」で表現することができます。
これは数学における「等しい」ではなく 「 右辺を左辺に代入しなさい 」 という意味になります。
変数とデータ型でやったように、箱の中に入れるイメージで良いと思います。

// 代入演算子 
$x = 5;

連結演算子


文字列の 連結演算子 も覚えておきましょう。
要は文字と文字を結合させる方法です。
.を使用します。

echo "hello " . "world";

また、変数に入れた状態でもできます。

$hello = "Hello";
$world = "World!!";
echo $hello.$world;

 

四則演算子


いわゆる計算記号です。

  • 足し算(+
  • 引き算(-
  • 掛け算(*
  • 割り算(/

ちょっと変わっていますが、余りを求める%もあります。
10 % 3では1が返ってきます。(普通に割り算すると「3余り1」ですね。)

数学の計算と同様、 () を使って優先度を表現することもできます。
いろいろ遊んでみてください。
下記に一例を示します。

課題提出の際には上記の演算子を最低1つずつ試したものを提出してください。

<?php
echo 1 + 1;
// 改行は適宜入れた方が見やすくなります。
echo '<br>';
echo 10 - 1;
echo '<br>';
echo 2 * 2;
echo '<br>';
echo 10 / 5;
echo '<br>';
echo 5 % 3;
?>

単項演算子


単項演算子とは、計算記号を簡潔に書くことができるものです。
++」や「--」で表されるものになります。
要は「1を足す」、「1を引く」を簡潔に書く記号です。

// 単項演算子
// $x = $x + 1
$x++; 
echo $x;
// $x = $x - 1
$x--;
echo $x;

$x = $x + 1;」を単項演算子を使って書き換えると「$x++;」となります。

また、単項演算子と似た記法で、+=-=*=などがあります。
これは例えば、 自分自身に5を足す といったときに使用します。

$x = 0;

 // $x = $x + 5;
$x += 5;
echo $x;

 // $x = $x * 5;
$x *= 5;
echo $x;

本項ではいろいろ試してほしいので、例は少なめにしてあります。
自分でいくつか試してみてください。

提出の際には各演算子を少なくとも1つは試したファイルで、コミット、プッシュをしてください。

IT用語 SESに向けて準備しよう


3章では一つ一つの項目で数個のIT用語について調べていただきます。
どの用語もSESでよく耳にする言葉なのできちんと調べていきましょう!

下記の用語について、調べてみましょう。
※IT用語についてはチェックテストの範囲外です。

1. エビデンス
2. バッチ
3. MVCモデル

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami