MVCについて

MVCとは


Controller(コントローラー),Model(モデル),View(ビュー)の3つを組み合わせて構築するアプリケーションアーキテクチャのデザインパターンです。

プログラミング手法のアプローチの一つとしてMVCと呼ばれるものがあります。
MVCとは ModelViewController の略で、処理を3つの役割に分割して実装する手法です。
簡単に言うと「こういう風に作っていくといいよ」という一つのものさしのことです。
それぞれの役割は以下の通りです。

  • Modelは処理のメインロジックやデータアクセスを担当します。
  • Viewは処理結果として画面表示(HTML出力)を担当します。
  • そしてControllerはクライアントよりのリクエストを直接受け取って処理を行う、一番前面となる部分で、文字通りModelやViewを「制御」します。

そしてこのMVCという概念を実装したものをMVCフレームワークと呼びます。

クライアントからのアクセスをコントローラーが受け持ち、モデルに対してメッセージを送ります。
モデルはデータベースやファイル、キャッシュなどのデータリポジトリに対し参照、更新の処理をします。
処理後、コントローラーはビューに対し必要なパラメーターを設定した後HTMLを生成しクライアントに返します。

PHPでは「CakePHP」や「Laravel」、Rubyだと「Ruby on Rails」などのMVCフレームワークが代表的です。

cakePHP公式ドキュメント-MVCの概要-

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami