開発環境構築(Laravel) – Windowsの方

Windowsの方は下記の手順でLaravelの環境構築を進めてください。


Composer


Composerは、PHP 5.3以上向けの依存関係管理ツールです。

Laravelの開発を行うために使用しますので、まず下記URLからComposerをダウンロードします。

Composer公式

ダウンロードできたら、インストーラーを起動します。
基本的に「Next」で進んでいきます。

下の画面になった時に、PHPのパスにxampp配下のphp.exeが選択されていることを確認してください。
もし違った場合は、「(xamppまでのパス)\xampp\php\php.exe」に変更してください。

その後は「Next」と「install」で進んでいってください。

下の画面まできたら、「Finish」でインストール完了です。

そうしたら、composerがしっかりインストールされたことを確認しましょう。

コマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを入力してください。

composer -v

composerのバージョンが表示されますので、これでしっかりとインストールされたことが確認できます。

Laravel


composerの次はLaravelをインストールしていきます。

Laravelのインストールにはコマンドプロントでcomposerコマンドを使用して行います。

まず、コマンドプロントでxampp配下のhtdocsまで移動してください。

次に、Laravelのプロジェクトを作成します。

composer create-project "laravel/[バージョン]" [プロジェクト名]

これがプロジェクト作成のcomposerコマンドになります。
このカリキュラムではプロジェクト名は「curriculum5」、バージョンは「laravel5.8」で開発していだきます。
したがってコマンドは以下のようになります。
※ このコマンドは少し時間がかかりますので、気長にお待ちください。

composer create-project "laravel/laravel=5.8.*" curriculum5

完了したら、カレントディレクトリ(今回はhtdocs配下)にプロジェクトが作成されているはずです。

しっかり、laravel5.8がインストールされているかも確認してみましょう。

プロジェクト配下に移動して、laravelのartisanコマンドでバージョンを確認できます。

バージョン5.8.*と表示されたので、これでしっかりとlaravel5.8のプロジェクトが作成されたことが確認できました。

最後に、作成したプロジェクトへブラウザからアクセスしてみましょう。

先ほど作成したプロジェクト配下でlaravelのartisanコマンドを使用して、サーバーを立ち上げます。

php artisan serve

すると、以下の画像のように表示が出ると思います。

この < > の中身をコピーしてブラウザでアクセスしてみてください。

このような画面が出れば、正常にアクセスすることができています。

先ほど起動したサーバーを落とすには、[Ctrl] + [C]を入力すれば落とすことができます。

以上で、laravelの環境構築は終わりになります。

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami