ControllerとViewの連携

Viewの役割


ViewはControllerの指示によって、 ブラウザに表示するデータを生成するところです。

簡単に言えば、HTMLファイルを出力するところです。

Bladeとは?


Viewで扱うHTMLファイルには必要なデータ(データベースから取得してきたデータなど)を組み込む必要があります。

そのため、フレームワークにはテンプレートエンジンというものが用意されています。

Laravel のテンプレートエンジンには「Blade」 というものが用意されており、とてもわかりやすくシンプルなものになっています。

触っていけばすぐに慣れますので、今はデータをHTMLファイルに埋め込むものだと軽く覚えていて下さい。

Bladeファイルの作成


public function add()
  {
      return view('todo.create');
  }

こちらはTodoControllerのaddアクションです。

ここではreturn で todoディレクトリ配下のcreate.blade.php というファイルを呼び出しています。

即ち、resouse/view/todo ディレクトリ配下に create.blade.php というファイルを作成しなければならないということです。

それでは、resouce/view 配下に todo ディレクトリを作成し、 そこにcreate.blade.php という名前でファイルを作成して下さい。

create.blade.php の中身はとりあえずこんな感じにしておきましょう。

<!DOCTYPE html>
<html>
    <head>
        <meta charset="utf-8">
        <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
        <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">

        <title>LaravelApp</title>
    </head>
    <body>
        <h1>TodoList</h1>
    </body>
</html>

これで現時点で必要なファイルは作成できました。

ターミナルでカレントディレクトリまで移動し、以下のコマンドを実行してちゃんと表示されるか確認してみましょう。

$ php artisan serve

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami