Vagrant環境の終了

それでは開発環境構築の最後ということで、Vagrant環境の一時停止、終了、起動について説明します。

インストーラーの取り出し


VirtualBox、Vagrantをインストールしたばかりの方ですと、インストールドライバーが認識されているかもしれません。
もう必要ないので、取り出してしまいましょう。
(Windowsの方は必要ないと思いますが、念のためマイコンピューターを見て変なドライバーがないか確認しておいてください。)

Vagrantの一時停止


作業が一段落したらVagrantを一時停止した方が良いです。
手順としては、

  • Vagrant環境を抜ける
  • vagrant suspendコマンドをうつ

になります。
実際に試したものを記載します。

vagrant statusで確認してみましょう。

savedになりました。
これで一時停止状態になっています。

Vagrantの再起動


Vagrantを再起動するためには、vagrant upします。
初回よりも起動時間は短くなるはずです。

Vagrantの終了


研修が終わったタイミング、もしくはもうVagrant環境は使用しない、というときにはVagrantを完全に終了します。
こちらは、vagrant haltで実施します。
vagrant statusで確認すると、poweroffになっているかと思います。

終了した後、再度起動する場合もvagrant upします。

カテゴリー

アーカイブ

Close Bitnami banner
Bitnami