プログラミング初心者が独学で挫折する理由と挫折しない学習方法

変化の激しい世の中だから何か手に職を付けたい。何かスキルを手にしたい。または自由な働き方を手に入れたい。そのような理由で「未経験だけどエンジニアを目指してみたい」と思われる方は多いのではないでしょうか。
しかし、独学でのプログラミング初心者の挫折率は約9割もあると言われています。

なぜ独学でのプログラミング初心者の挫折率は9割もあるのでしょうか。
今回はなぜ独学でのプログラミング学習は挫折しやすいのか。また、どうすれば独学で挫折せず勉強を進めていけばいいのかを紹介していきたいと思います。

独学でプログラミング 初心者の挫折率が9割もある理由

独学でプログラミングを挫折する理由としては以下のようなものが挙げられます。
・何から始めればいいのかわからない…
・エラーばかりでる…
・覚えることが多すぎる…
・わからないことを質問できる人がいない…

これらはプログラミング初心者がぶつかる壁をしてよく挙げられます。
ではなぜこれらが挫折の原因となってしまうのでしょうか。

それぞれ詳しく解説していきます。

理由1:何から始めればいいかわからない

いざ「よし!これからプログラミングを勉強しよう!」と思っても何から手を付ければいいのかわからないというのがあります。「言語もたくさんあるし、そもそも勉強を始めるためには環境構築っていうのが必要みたいだし一体何から手を付ければいいの」というような悩みを抱える初心者の方もいます。

理由2:エラーの解決ができない…

プログラミングを勉強し始めて一番躓きやすいポイントだと思います。
特に独学でプログラミング を勉強している場合、人に聞くことができず自力で本やサイトなどから正解を探すしかなく、ある程度よく使われている言語であればインターネットで検索することでエラーの対処法がわかることもありますが直面しているエラーと全く同じ内容などではなく、似たような内容なので記載された内容を参考にして原因を特定して直さなければいけません。これが解決できた時エンジニアとしては大事な「自走力」が身につきますが、解決できなかった場合、自分にエンジニアの才能なんかないのではないかと思って勉強を挫折してしまう人もいますが多いです。

理由3:覚えることが多すぎる

ある程度勉強を進めているとぶつかってしまう問題になります。「ここまで勉強を進めたのに、もう以前勉強していた内容について忘れてしまった!」というのはプログラミング初心者の方にとってはよくあることだと思います。プログラミング というのは日々進歩し、どんどん新しい技術というのが出てきます。こういったことであまりにも覚えることが多いし、以前勉強したことはもう忘れてしまっているし、プログラミング無理だとなって挫折してしまう人もいます。

理由4:わからないことを質問できる人がいない…

「エラーばかりでる…」と絡んでくる問題にはなりますが、やはりプログラミング初心者がエラーなどで躓いてまい、自分の力ではどうにもならない時に教えてくれる人がいると非常に心強いです。逆にエラーやどういうコードを書いていけばいいのかわからないとなった時、聞ける人や環境がないとモチベーションはどんどん落ちていき、挫折につながります。モチベーションを高く保ちながら勉強を進めていくにはやはり躓いてしまったとしても解決していくことなので、質問できる人や環境というのは重要だと思います。

挫折せずプログラミング学習を進めていく方法

では一体どうすればプログラミング初心者が挫折せずに学習を進めていくことができるのでしょうか。ここからはプログラミング初心者でも挫折せずに続けていける学習方法などについて書いていきます。
もし現在、自分がプログラミングが学習に置いて困っているのであれば是非参考にしてみてください。

学習する目的をはっきりさせる

プログラミングを学習する上で目的をはっきりと決めておくことはとても大切です。
その目標を持った上でその、目標を達成するための逆算をしましょう。

ダメな例

フロントエンジニアになりたい

とりあえずJavaを勉強する

これはあくまで極端な例になりますが、もし自分がフロントエンジニアになりたいと思うのであれば、勉強するのはJavaではなくまずはHTMLやCSSになります。

他にも目標は色々あると思います。「バックエンドエンジニアになりたい」や「自分で何かサービスを作りたい」など自分で目標を立てるといいと思います。
このように、プログラミングを学習する上で何か目標を作りその目標を達成する上でどういう言語が必要なのかなどが見えてきます。まずは目標を作りその目標を達成するためには何が必要なのかリサーチしてみましょう。

挫折をしないための勉強方法

「目標はしっかり立てた!でも目標を立てたけど何から勉強すればいいの?」と思われる方々へ向けて具体的な方法について書いていきます。

教材を利用して学習する

目標に向けて学習を進めていく際、本や最近だとインターネットで独学をサポートしてくれるサービスがあります。いきなり本を購入して勉強していくことも可能ですが、まずはインターネットにある学習サービスを利用することをオススメします。
無料、もしくは安価で学習できるサービスをいくつか紹介します。

progate

(progateの画像)
まずオススメの一つがprogateです。progateはイラスト中心のスライドを見ながら、自分で手を動かしつつ、学習を進めていく形になります。

15種類のコースがあり、コースごとに途中までは完全無料で学習することができます。
ただ無料版ではプログラミングのスタートラインに立つくらいのレベルなのでもっと学習をしたいという方は、月額980円だけで全コース学習できるため安価でオススメです。

基本的には有料版1コース完全に終えることで簡単なものは作れるようになっています。

purogateは非常にわかりやすく、プログラミング初心者でもわかりやすいです。その反面初心者向けに作られているサービスのためprogateだけでエンジニアになれるかというと、それは少し難しいと思います。

それを踏まえた上でもプログラミング初心者が勉強していく足掛かりとするには非常に良いサービスなのでオススメです。

ドットインストール

(ドットインストール の画像)
2つ目にオススメのサービスがドットインストールです。
ドットインストール とは、動画でプログラミングが学べる初心者向けのプログラミング学習サービスです。

progate同様たくさんのレッスンを動画で受けることができます。
基本は無料で使えますが、月額980円の有料版にすることで学習できる範囲を広げることができます。

 Udemy

3つ目のオススメはUdemyです。
Udemyというのは動画学習のプラットフォームサイトです。プログラミングはもちろん、それ以外のことも動画で学習することができます。

ドットインストールとの違いは、投稿されている学習動画は使用ユーザーとは別にいる一般の講師が自分のノウハウなどを公開しています。

学習動画はほとんどが有料で、値段はピンキリとなっています。
多くの方がUdemyの買ってよかった講座などについて書かれているので、一度調べてみるのもいいかもしれません。

購入した動画は買い切りで一度購入すればずっと見ることができます。ダウンロードしておけばオフラインでも視聴可能なのでオススメです。

プログラミングスクールに通う

上記のようなサービスを使って基礎をバッチリ!でも一人でサービスの開発などは一人ではまだまだ難しいという方にはプログラミングスクールを利用することをオススメします。

プログラミングスクールにはオンライン形式やオフライン形式、値段が高いものから無料のものまで様々にあります。転職支援付きのスクールなどもあるので是非とも色々調べてみて自分の目的にあったスクールを探してみてください。

プログラミングは暗記する必要はない

最後に挫折せずプログラミングの学習を進めていく上で、大切なことについて書いていきます。これは「1.4覚えることが多すぎる」を解決する話になりますが、プログラミングというのは基礎を覚えることは大事ですがそれ以外のことはほとんど暗記をする必要性はありません。

「プロのエンジニアの方々はコードを全て暗記していて、何も見ずにスラスラと書いていく」

プログラミング初心者の方はこのようなイメージを抱きがちだと思いますがこれは大きな間違いです。

実際のエンジニアはわからないことに直面した時、大抵すぐ検索を始めます。そして、正解に類似するものなどを探し当てそれをコピーペーストしたりして参考にしています。この「探したいもの」を調べる力がエンジニアは重要です。プログラミングは学校のようなテストなどではないので、暗記することに時間を割いたりせず、調べる力を身につけていきましょう。調べてもわからないことは、人に聞けばいいのです。

まとめ

以上がプログラミングが挫折しやすい理由と挫折せずに学習していくにはどうすればいいかについて解説させていただきました。
日本はエンジニア不足と言われており、エンジニアの需要は今後も高まっていくものであると思います。

時代の進歩とともに、プログラミングを学習するためのハードルというのもが下がっています。利用できるものは利用して読んでくれた方々が挫折せず、エンジニアを目指して勉強していけたら幸いです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

  • コメント: 0

関連記事

  1. エンジニアとは?エンジニアの種類・給料・仕事内容をわかりやすくご紹介!

  2. 私にもできるかな…が私にもできるんだ!に変わりました!

  3. 開発現場への不安もなくなりました!

  4. 理想の自分に一歩近づくことができました!

  5. 今風なオープンスペースで、同世代も多く気軽に通えます

  6. 勉強が楽しく思えるようになりました!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。