未経験からエンジニア転職に必要な4ステップ

今の仕事は果たして今後も残り続けるのだろうか…
このまま今の仕事を続けていてもいいのだろうか…
誰しもが1度は考えたことがあると思います。

近年はAIやロボットの発達により「これから残る仕事、消える仕事」のようなタイトルの本なども出てきています。 そのような現代で注目を集めているのがエンジニアという職種です。2030年には約70万人のIT人材が不足すると言われており、今後も需要はどんどん高まっていくことが予想されています。

そんなエンジニア業界ですが人材不足と言われているがゆえに、年収も平均的に見れば高くなっています。 今の自分の仕事はITとは全く無縁で将来性もイマイチ。だから将来性のあるエンジニアに未経験だけど転職したい。そう思われる方も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて今回は「未経験からエンジニア転職に必要なこと」について段階的に解説していきます。

未経験からエンジニアに転職をする上で年齢は関係ある?

これは少し冷たい話になってしまいますが、未経験でエンジニアへの転職を目指す場合、年を重ねるごとに厳しいと言われていて30代で未経験からエンジニアに転職するのはとても狭き門となります。 理由としてはまず、習得度のスピードに違いがあります。悲しいことに「新しいことを吸収する力」は年齢を重ねるごとに衰えていき、20代と30代では学びの習得度に差が出やすいです。

そのため、企業が実施するプログラミングスクールや未経験からエンジニアを採用数会社の中には、25歳まで(一部は30歳まで)などの年齢制限が設けられているところも多く、エンジニア経験者についても、30代以降の転職は難しい(受からない)のが現状となっております。 そういう点も踏まえて、未経験だけどエンジニアとして転職をしたいと思った場合、早く行動を起こすに越したことはないでしょう。

未経験からエンジニアに転職をする上で必要なこと

では実際に未経験からエンジニアに転職するにはどんなことが必要になるのでしょうか。プログラミングの勉強をすることはもちろんですが、それ以外の重要な要素について紹介していきます。

ステップ1:まずはIT業界やエンジニアという職種について知識をつけよう

まずは大前提となりますが、エンジニアという職種について皆さんはどのようなイメージを持っているでしょうか。おそらく 「パソコンでたくさんコードを書いて何か作るのがエンジニアでょ?」 このような感じのイメージをもたれている方が多いのではないでしょうか。

間違っているわけではないですが正解でもないです。 エンジニアという職業は種類がたくさんあります。

一例を挙げると
・フロントエンジニア
JavaScriptなどのプログラミング言語を用いてWebブラウザ上でユーザーが実際に目にしたり操作したりするフロント部分の開発を担当するエンジニア。

・バックエンドエンジニア
WEBサイトの裏側、ユーザーが意識しないサイト内部の処理部分を担当していてWebサービスやECサイトなどのサーバ側処理の要件定義・設計・構築を担います。

・テストエンジニア
作ったアプリなどのテストをするエンジニア。コードなどはほとんど書かない。

・ITコンサル(導入)
顧客に導入するようなシステムを顧客と話しながら要件定義をしていくエンジニア。

・ITコンサル(保守)
顧客に納品した後のシステムのメンテナンスなどを行う。

他にも様々な種類があります。
詳しくはこちらも見ていただければと思います。

エンジニアとは?エンジニアの種類・給料・仕事内容をわかりやすくご紹介!

未経験の方がコードを書くエンジニアとしてイメージし転職したいとされるのは、フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアとしてのエンジニアだと思います。 ですが、テスターや保守なども立派なエンジニアとしての職種として求人なども出ています。重要なのは未経験からコードを書くエンジニアとして採用されるケースというのはほとんどありません。

未経験からフロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアを募集しているケースはほぼなく基本的には経験者を募集しています。 『じゃあ、未経験ではエンジニアに転職はできないの?』と思われるかもしれませんが、基本的にはテストエンジニアやシステム保守・運用などは未経験からでも転職できる可能性は十分あります。

そして、テストエンジニアや運用保守を経験してからバックエンドやフロントエンドエンジニアになれることもあります。ただその場合、運用保守をしながら自分で学び続けていくということが非常に重要になってきます。 まずは自分でよく調べた上で自分はどういうエンジニアになリたいのかを決め、方向性を定めましょう。

ステップ2:プログラミングについて勉強しよう

IT業界についていろいろ調べ、自分はフロントエンジニアに転職したい!と思った場合、何から勉強すればいいのでしょうか? フロントエンジニアがどういう言語を使い何を学習しなければならないかを調べる必要があります。

例:フロントエンドエンジニアを目指す上で勉強した方がいいこと
・HTML
・CSS
・JavaScript
・React
などのライブラリ知識 などなど様々な知識が必要になってきます。

もちろんこれはあくまでフロントエンドエンジニアへの転職を目指す上で必要な知識ですが、バックエンドエンジニアを目指す場合はもちろん学習しなければならないことは異なります。 では、これらの知識は一体どうやって勉強すれば良いのでしょうか。 未経験でも挫折せずにプログラミングを勉強していく方法はこちらに書いてあるので、是非こちらを見てみてください。

プログラミング初心者が独学で挫折する理由と挫折しない学習方法

ステップ3:何か成果物を作ろう

勉強を続けて基本的な知識がついてきたら、次は成果物を何か作りましょう。 未経験からであればテストエンジニアや保守運用にはなれるかもしれませんが、フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアのようなコードを書くエンジニアになるには成果物は用意しておくといいです。

これは相手に自分のスキル感を伝えるという点もありますが、一番は成果物がある=やる気があるという判断に繋がります。

例えば面接で2人の人がいたらどちらを採用したいと思うでしょうか?
・「まだ何もないですがやる気はあります!」というAさん
・「こういうものを作ってきました。やる気あります!」
というBさん どちらに内定が出るでしょうか。間違いなく後者に内定が出ると思います。

やる気を成果物として証明しているからですね。 なので、もしコードを書いていくエンジニアを目指すのであれば成果物はポートフォリオとして作っておいた方がいいです。 何かのサンプルアプリなどを作って成果物とするのもいいですが、理想はオリジナルアプリを作れれば未経験からでも転職はかなり成功しやすくなると思います。

ステップ4:エンジニアへ転職を目指して

未経験から勉強を積み、成果物も用意できたらいよいよ転職活動です。
ただ成果物を作る上でおそらくわからないことや躓くことは当然出てくると思います。

ステップ2「プログラミングについてを勉強しよう」からステップ4「エンジニアへ転職を目指して」を一貫して行えるのが「プログラミングスクール」です。

プログラミングスクールは基本的なプログラミングの知識から実践的な開発まで行い、スクールによっては成果物として使えるものの開発や転職のサポートまでしてくれるスクールもあります。独学で転職まで厳しい場合はプログラミングスクールを利用するのはいい手段だと思います。

ただ未経験でエンジニアとして転職する上でやはり一番大事な作業は「調べること」です。

調べて業界についての知識を深めていくのが一番大事です。 IT業界での大体の転職の失敗パターンは転職をする前に事前に情報を調べなかったことが原因としてあります。 エンジニアとして就職したはずなのに、自分の思っていた仕事像とは全く違った。

こうならないためにも転職をする上で一番やっておかなければならないのは、なるべく多くの求人媒体でどのような募集があるのかを自分で確認し、エンジニア業界がどうなっているのか、しっかりとイメージができるようになっておいた方が良いです。

転職をする上で、自分一人で頑張るのももちろんいいですが転職エージェントを利用するという手段もあります。 ただし転職エージェントというのは担当によって当たり外れがあるので、複数のエージェントを利用しつつ一番相性の良い転職エージェントに転職活動の支援をしてもらうのがいいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。エンジニアへの転職というのはIT業界の中でも種類がたくさんあるので、しっかりと自分で調べ、どのようなエンジニアになりたいかを明確にし正しい方向で努力を積み重ねるといったことが必要になります。

万が一未経験からエンジニアに転職できたとしてもミスマッチが起きて辞めたくなったなどがあっては本末転倒なので、たくさん情報収集などをしていただければと思います。

この記事が未経験からエンジニアを目指している方々の何かのお役に立てれば幸いです。ここまで読んでくださりありがとうございました。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 理想の自分に一歩近づくことができました!

  2. 資格は必要?不要?エンジニアにオススメの資格とは!

  3. プログラミング初心者が独学で挫折する理由と挫折しない学習方法

  4. サポートも充実しているから安心して進められます!

  5. 学生時代の夢を叶えることができました!

  6. 今風なオープンスペースで、同世代も多く気軽に通えます

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。